外部フィルターに憧れて壁に穴

水槽の大きさは
30×25×10とかなりの小型です。
その中にフィルターを入れてるので
それが凄い存在感があります。
水草を植えるのにも邪魔でしょうがない( ;∀;)

そこで外部フィルターにすることにしました。
外部フィルターとは水槽の下(横)にフィルターをおいて
水槽とはホースで繋げることによって
水槽がスッキリと、そしてろ過効果も高めるものです。
俺は水草もたくさん植えたいし
魚もたくさん入れたい。
なのでやっぱ外部フィルターにするのが
一番いいと思います。
しかしトイレの前の壁なので床に置くわけにもいきません。




ってことで壁に穴を開ける事にしました。






画像

水槽の下にフィルターを置くためのスペースを作ります。
ちなみに左に見えてるドアが
トイレの扉です。
下に物を置くと扉が開かなくなってしましいます。








画像

使うのはカッターと
壁の裏の角材の位置を知るための道具。
↑名前知りません










画像

石膏ボードはカッターで簡単に切れます。
しかし、予想よりも穴の高さが低かった(*ノωノ)
水槽を置いてるニッチくらいはあるかと
思ってたんですが
このニッチは壁そのものを作る時から
ニッチにするために高さを持たせてたみたいです。
自分で作ったんだけどもう忘れてます。
穴の高さは17cmくらいしか取れませんでした(残念)。











画像

切り離した石膏ボード












画像

画像

切り口はそのままにしておくと
すぐにボロボロになってしまいます。
本当は切り口を固める専用の物が
あるんですが、
手抜きで木工用ボンドで固めちゃいました。
(約一か月後の今でも問題なしです)






画像

中に入れる棚板を作ってはめ込みます








画像

完成!





後は外部フィルターを買うだけ(^o^)丿


ああ、あと丸見えなんでどうにかしなきゃな(´・ω・`)







最後までお付き合いありがとうございました!